「今月の1枚」

フウトウカズラ(Piper kadzura) 

 例年になく寒さの厳しいこの冬、四国山地の山々は白く雪に覆われています。その一方、海に程近い足摺半島ではヤブツバキの花が早くも春の訪れを感じさせてくれます。そんな足摺での調査の折、木々にからみつくフウトウカズラに赤い実がたくさんついているのを見つけました。コショウ科のつる植物で、海岸に近い暖地の林に生えます。この間、四国山地の森林で雪の舞う中を調査していたのが嘘のようで、四国の森林の多様さを実感した一瞬でした。

(文:倉本惠生,写真:松本剛史  2006年2月 高知県土佐清水市足摺半島にて撮影)
(No.136   2006.2.20 掲載)



前回の写真    四国の動植物検索ページへ     トップへ