マツとマツ枯れに関する質問と回答
 
 アカマツやクロマツ,海岸の松林などマツに関する質問を集めました。

 日本の各地で松くい虫被害のためにアカマツやクロマツが枯れているため,大勢の人がマツを守ろうと一生懸命努力しています。

 香川県の沙弥小中学校の皆さんから,マツについての質問をたくさんいただきました。自分たちが植えたマツを大切に育てようとする気持ちや,学習の成果があらわれた良い質問です。これまでに寄せられた質問と合わせて,マツとマツ枯れについての質問・回答集を作りました。
 これらの質問と回答を読んで,マツが好きになる人,松林を大事にしようと思う人が一人でも増えることを願っています。また,回答に対する意見や,別の質問がありましたら,メールをください。いっしょに考えたいと思います。

小豆島のマツ枯れのようす(2001年11月)
小豆島のマツ枯れのようす(2001年11月)

 
全国植樹祭のマツ

 マツが大切である証拠の一つとして、全国植樹祭でマツ(マツ属)が植えられた回数を調べてみました。第20回まででみると、半分がマツであったことがわかります。
 
全国植樹祭でマツが選ばれたもの
 回  年月日  開催地  その時のテーマ  樹種
第2回 1951.4.4 群馬県富士見村 赤城山 火山灰地帯造林 クロマツ
第4回 1953.4.4 千葉県君津郡 富津海岸 海岸砂地造林 クロマツ
第5回 1954.4.6 兵庫県神戸市 小束山 せき悪林地改良 クロマツ
第6回 1955.4.6 宮城県黒川郡 大衡村 林種転換拡大造林 アカマツ
第7回 1956.4.7 山口県防府市 矢筈山 荒廃公有林造成 アカマツ
第11回 1960.5.10 山形県上山市蔵王山麓 大森山 積雪寒冷地帯林種転換拡大造林 シラハタマツ*
第13回 1962.4.21 福井県福井市丸岡町 女形谷 積雪地帯の拡大造林と森林生産力の増大 アカマツ
第14回 1963.5.20 青森県東津軽郡平内町 小湊 粗放林野の拡大造林と生産力増強に基づく住民の所得向上 アカマツ
第16回 1965.5.9 鳥取県大山町 上槙原 林種転換による拡大造林 ダイセンマツ*
第18回 1967.4.9 岡山県岡山市 金山 拡大造林と環境緑化 アカマツ
第21回 1970.5.19 福島県猪苗代町 天鏡台 「後継者の森」造成 アカマツ
第22回 1971.4.18 島根県大田市 三瓶山 多目的森林開発と環境緑化 クロマツ
第25回 1974.5.19 岩手県東八幡平(県民の森) 自然と産業が調和する豊かな緑の創造 アカマツ
第44回 1993.4.25 沖縄県糸満市糸満市米須・山城地区 育てよう地球の緑豊かな未来 リュキュウマツ・フクギ
*シラハタマツ、ダイセンマツはアカマツの地方品種名


マツを”県の木”に指定している都道府県

岩手県(ナンブアカマツ),群馬県(クロマツ),福井県(マツ),島根県(クロマツ),岡山県(アカマツ),山口県(アカマツ),愛媛県( マツ),沖縄県(リュウキュウマツ)
 


 
マツとマツ枯れに関する質問と回答」の著作権は独立行政法人森林総合研究所四国支所にあります。無断転載はお断りいたします。
引用の際には,本サイトからの引用であることを明記してください。リンクは基本的に自由ですが,
サイトのトップページ http://www.ffpri-skk.affrc.go.jp/index.htmlでなく,
マツとマツ枯れに関する質問と回答http://www.ffpri-skk.affrc.go.jp/matu/index.html へ直接リンクした場合は下記へお知らせください。

 お問い合わせ,ご意見は  へ

マツとマツ枯れに関する質問と回答」の内容は私たちが作成しました。
 垰田 宏 全体構成と最終文責
 前藤 薫,田瑞雅進,佐藤重穂,鳥居厚志 回答の作成分担
 なお,森林総合研究所 森林昆虫研究領域長の吉田成章氏には一部写真の提供と内容の校閲をお願いしました。

(最終更新2002年5月16日)

(マツとマツ枯れに関する質問と回答の目次へ)


トップへ