マツとマツタケ


Q1: マツタケと松は関係あるんですか?

Q2: マツタケが良くできるにはどうすれば良いですか?
 


A1: 大いに関係があります

 マツタケはアカマツの根に寄生する菌根菌とよばれる種類の菌で,菌糸が地上に伸びてキノコになったものです。だから,マツが生えていないところにはマツタケは有りません。マッタケはマツが土から水分や養分を吸収するのを助け,代わりにマツから炭水化物をもらって生活しています。



A2: マツタケがたくさん取れた昔の里山のようなマツ林にします

 マツタケがたくさん採れていたころのマツ林では,林の中の落ち葉を集めて堆肥(たいひ,落葉を腐らせた肥料)にしたり,枯れ枝や松かさを燃料にしていました。そのため,マツ林の土は養分が少なく,乾いていました。1950年代の終わりころから農村でプロパンガスが使われるようになり,落ち葉や枯れ枝が集められることがなくなりました。そのため,落ち葉がたまって,広葉樹が育ちやすくなり,林の中に低木や草がたくさん生えるようになりました。アカマツは菌根の助けが無くても養分や水を吸うことができるようになり,マツに寄生する菌が少なく,落葉に寄生する菌類が多くなってきました。マツタケ菌は,他のキノコ類や細菌との競争に弱いので,栄養分の少ない乾燥気味の土地でしか生き残ることができません.水分や栄養分の多い土地ではライバルが多いからです。
 そこで,マツタケをたくさん発生させるには,マツ林の下に生えている低木や草を刈り取り,落ち葉を集めて取り去ってやります。こうして,土の養分をへらしたり,地面を乾きぎみにします。昔の里山では落ち葉を肥料として利用し,他の雑木(ぞうき)を薪(まき)として切っていました。そのため,マツタケにとって住みやすい環境が作り出されていたのです。またマツタケは,ふつう20年生くらいのマツ林で発生をはじめ,30〜40年生あたりがいちばん多く,その後は少なくなります。これはマツの根の元気さに関係あるようです。ですから,山の尾根部の若いマツ林の下生えを刈り取り,落ち葉を取り去る作業を何年も続けるのが,マツタケをつくる早道と言えるでしょう。

マッタケは地衣類のハナゴケが生えるようなやせた土地が好き
  マッタケは地衣類のハナゴケが生えるようなやせた土地が好き

(マツとマツ枯れに関する質問と回答の目次へ)